iPhoneアップデートの方法

スポンサーリンク
iPhone

iosupdate000
iPhoneは小さなコンピューターなので、便利な機能を追加したり不具合が見つかった場合の修正するために、更新(アップデート)が必要になります。
タップするだけでほぼ自動的にやってくれますが、忘れた頃に通知が来るので万が一失敗したらと不安になる事もあると思います。
ちょうど手元のiPhoneにアップデートの通知が来ていたので、やり方を書いておきます。

[adsense]

スポンサーリンク

アップデートの方法

基本的にタップするだけです。

設定をタップ

iPhoneの設定アイコンをタップします。
iosupdate001

一般をタップ

設定画面が表示されるので、一般をタップします。
iosupdate002

ソフトウェアアップデートをタップ

次に表示されるソフトウェアアップデートをタップします。
iosupdate003

インストールをタップ

iOS~ のような画面が表示されるので、インストールをタップします。
(iOSというiPhoneを動かすソフトの更新版を入れますよ、という操作です)
iosupdate004

利用規約を確認

更新版を入れて使う際の約束事を確認する画面です。
内容に同意して先に進める場合は「同意する」をタップします。
iosupdate005

インストール開始

アップデートが始まります。
画面が切り替わったりしますが、基本的に待つだけで処理が完了します。
「完了しました」などのメッセージは表示されないので、画面が真っ暗になったらしばらく待って電源を入れると、普段通り使える様になっています。
iosupdate006

インストールにかかる時間

あくまでも目安ですが、今回のアップデートは

  • 時間が約10分程度
  • データサイズが約65MB

でした。

注意点

アップデートを行う際に注意しておきたい点がいくつかあります。
大体アップデートに失敗するのはこの場合だと思います。

電源コンセントに接続しておく

バッテリーが少ないと警告が出ますが、電源コンセントにiPhoneを接続してからアップデートを始めましょう。

保存容量を空けておく

iPhoneに保存できる空き容量が足りないと、警告が出てアップデートができません。
使っていないアプリや必要ない写真を削除して、容量を空けましょう。

まとめ

iPhoneのアップデートの流れを追ってみましたが、いかがでしたでしょうか。
半年に1回、の様な操作は覚える必要も無いので参考にしてみてください。

Pick!iPhoneアプリを596個使って分かったおすすめアプリまとめ

タイトルとURLをコピーしました